お問合せ
2021年おせち料理早期予約受付中

「数寄のおせち」の新商品!プリプリの酢だこをご紹介!

こんにちは!おせちスタッフの石田です。

おせちの通販、おせちやが今年あらたに販売する「数寄(すき)のおせち」の中の一品、お正月には欠かせない「酢だこ」をご紹介します!

「数寄のおせち」は、~定番の「金のおせち」よりも豪華にお届けしたい~ そんな想いから、「気仙沼産ふかひれ煮」など高級素材を使った料理を入れています。そして、この「酢だこ」もそれに負けないこだわりがあるんです。

お正月になぜたこを食べる?

たこって何となくおめでたいイメージがありますが、どんないわれがあるのでしょう。たこは吸盤部分が赤っぽく、その他の部分が白っぽいため、見た目にも紅白で縁起が良いとされています。地域によっては「魔除け」の意味もあるといわれているそうです(驚)。漢字では「多幸(たこ)」という当て字もあるようです。まさにお正月にはもってこいの食材ですね!

たこはどこで水揚げされる

日本でなじみ深いたこですが、海外産の美味しいタコが現在は多く流通しています。

今回の「モーリタニア」もその一つです。「モーリタニアってどこ…??」とお思いの方も多いのでないでしょうか。私も最近までなんとなーくアフリカ?位にしか思っていませんでした。

調べてみると、、、

モーリタニアとは国の名前でした!

モーリタニアの沖合いの海は暖流と寒流がぶつかる絶好のポイント。そして質のよいタコもたくさん獲れる場所なんだそうです!

製造メーカーへ行ってきました

メーカーがあるのは、茨城県のひたちなか市。茨城は全国トップクラスのたこの加工生産地だそうで国内外から沢山のたこがここに集まってくるそうです。那珂湊(なかみなと)がそばにあり、港の風景が広がっていました。

たこのこだわりとは?

原料に使うのはなんと!モンド・セレクション最高金賞受賞を2014年から4年連続で受賞しているボイル丸たこです!美味しいたこを仕入れてきてもその下処理で味に格段の違いが出てきます。こちらの日中商会(株)様では、塩もみをなどの下処理後、独自のボイル工程を施すことで、真だこ本来の歯切れの良さと旨味が味わえる仕上がりになるんです。

ごはんのお供も?!

身が締まって、歯応えの良さが抜群。酢でしめてあるのでそのままで十分美味しいのですが、地元ではお酒のあては勿論、白ごはんのお供にもよく召し上がるそうです。お寿司のような感覚ですかね?オイルをたらしてマリネにしても美味しそうですね!

最後に

魚介類のなかでも、たこが好きな私。自分でもスーパーでブツを買って、マリネや刺身、お米と炊いたり等々していますが、謎だったのが「どこまで食べられるか?」問題。尋ねたところ、頭の部分も食感が違うだけで美味しく食べられるとのこと!(^^)!目のまわり以外は、ほぼ食べられるという嬉しいお答えでした。これで安心してこれからますます美味しく食べられます♪

「酢だこ」を味わえる、2021年「数寄のおせち」はただいま早期割引で販売中!

2021年おせち料理予約受付中

今回、紹介させていただきました「酢だこ」ですが、先ほどお話しさせていただいたように、弊社のおせちチームが企画する「数寄のおせち」でお楽しみこといただけます。

今年で21年目を迎えた、「金のおせち」は、毎年お客様にご意見・ご要望をお聞きしながらおせちの企画に励んでおります。

”冷蔵”・”個包装”という味と素材にこだわった全国各地の厳選食材を採用し、産地やメーカー様には、自らの足を運んで、工場調査などの品質管理を徹底して行っております。

おせちチームが365日かけて企画する自慢のおせちを、ぜひ味わっていただけたらと思います。

そんな「金のおせち」「数寄のおせち」は、WEBサイトで販売開始しておりますので、ぜひWEBサイトで詳細をご覧頂ければと思います。

また、産地・工場訪問の様子や、ラインナップしている商品の魅力・こだわりなどをブログ記事にしておりますので、こちらもぜひご一読いただけたら嬉しいです♩

The following two tabs change content below.
おせちの達人「おせちや」

おせちの達人「おせちや」

株式会社オージーフーズが運営するおせち専門店。おせちの達人「おせちや」です。おかげさまでおせちの販売数は累計54万セットを超えました。金のおせちを愛してくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

とっておきや

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。