お問合せ
オージーフーズの冷蔵個包装おせち料理2023

【実食レポート】累計販売数62万セット!気になる”金のおせち”食べてみた!!

全国から厳選した食材が届くオージーフーズのおせち料理。インターネットでのみの販売であり、これまでの累計販売数が62万セットと毎年盛況を見せています。なかでもリピーターの多い”金のおせち”は定番のおせち料理に加え、イベリコ豚ローストポーク国産和牛ローストビーフといった逸品が正月料理に華を添えます。

全国各地の美味しい食材が贅沢に詰め込まれ、おもてなしセクション金賞を受賞した金のおせち。伝統的な味づくりや作り手の思いが感じられるこだわり抜かれた18品すべての料理を実食してみました!

冷蔵個包装で届くこだわり

2021年12月30日、白い箱に詰められた金のおせちが届けられました。箱の側面には「おせち料理 素敵な一年になりますように」の文字が書かれており、新たな門出を迎える心持にさせてくれます。

フタを開けなかを確認してみると、まずは紅白の水引がプリントされたお品書き煌びやかな食用金箔が目に入ります。

各品はすべて個包装となっており、お品書きには品名や産地、味つけや素材へのこだわり、おせち料理に入る由来などが写真とともに紹介されています。18種類のお料理はすべて真空パックで小分けされているため、互いの味が交ざり合うこともなく、風味や食感がきちんと保たれた状態でおいしくいただけるところが嬉しいポイントです。

また、個包装であるからこその意外なメリットは盛り付けることの楽しさにもありました。

幼い娘(5歳)と曾祖母(85歳)が一緒になってきれいに盛り付けを担当してくれ、お正月にふさわしく和気あいあいとした家族の団らんに会話も弾みます。

おせち料理盛り付け方はコチラから☆

実食!金のおせちお料理紹介

金のおせちには18種類のお料理が用意されており、ひとつひとつに際立ったおいしさがありました。食べていて驚いたのは余韻が残るおいしさです。それぞれのお料理は全く異なる味付けがなされていますが、こどもから大人までいただけるバリエーション豊富な味に思わず舌鼓を打ちます。

いくらの醤油漬けとろりとした食感がたまらず、銀鱈の西京焼き香りと優しい甘みに味わい深いものがありました。全国300社のメーカーから選りすぐりしたという食材のなかでも、特に家族に大人気だったトップ5を丁寧にご紹介していきます。

伊達巻(静岡県)

こどもたちに大人気だった伊達巻静岡県の老舗企業が手掛ける逸品です。艶やかでありそれでいてふっくらと柔らかさのある見た目がハレの日にぴったりの品であり、彩の良さも感じられます。

甘さは控えめでありながらも卵の良質さが分かるほどの深い味わいであり、85歳のおばあちゃんが「おいしいわねぇ」と目を細めていたのも印象的な一場面でした。

原料と製法にこだわり抜いたと一筆が添えられた伊達巻ですが、こちらの原料には鶏卵のほかに烏骨鶏の卵が50%使用されています。

烏骨鶏は一般的に高価であり栄養価が高いことで有名ですが、1週間に一度しか卵を産まない希少性があり贅沢な伊達巻であることが分かります。

ふわっとした食感に絶妙な甘さが引き立つため、一口たべるとクリーミーさと卵の風味の良さが口いっぱいに広がります。まろやかな舌触りとくちどけの良さから、次から次へと箸を伸ばしてしまう逸品です。

イベリコ豚ローストポーク(大阪府)

近年は和洋折衷で彩るおせち料理などおせちのありかたに多様な広がりが見られます。
金のおせちに入るイベリコ豚ローストポークはハーブを効かせた料理であり、ボリューム感と手の込んだ大人向けの味わいが絶品でした。

イベリコ豚はセボ(CEBO)という品種が使用されていますが、脂のまろやかさ甘さコクがまざり合いそのジューシーさが愉しいお料理です。噛めばかむほど凝縮されたうま味が口の中で広がり、日本酒やワインといったお酒と一緒に堪能することもできます。鮮やかな桜色が高級感を演出し、表面の香ばしさとハーブが、しっとりとなめらかなお肉に調和した味つけは何度でも食べたくなってしまいます。

和洋折衷をうまく取り持つ味わいと、とろっととろける芳醇な舌ざわりに新春から笑顔になる極上の一品です。

丹波篠山産黒大豆(愛媛県)

黒豆皿盛り②

金粉をかけていただく黒大豆は、そのつぶの大きさと艶が素材の良さを感じさせ、丸々とふっくらした見た目に食欲が増幅されます。甘さは控えめであり、こどもから大人まで好まれる味ですが、炊き立てのような食感は真空パックで個包装されているからこそ残るものだと感じます。

黒豆の煮物は水につける時間や炊き上げる時間、そして火力など手間と時間がかかるため、ちょうどよい食感や張りを残すことが難しい料理です。だからこそプロが仕込む黒豆の本当の美味しさが分かったようで、すっきりと上品な甘さに箸が止まらなくなってしましました。皮は柔らかく身はほっくりしている丹波篠山産黒大豆は、豆そのものが持つ素材の風味がしっかりと感じられるこだわり抜かれた料理でした。

国産和牛のローストビーフ(岩手県)

高級感あふれる国産和牛ローストビーフは、イベリコ豚ローストポークと並びおせち料理の主役として光る一品です。”低温で仕上げた職人技”と一筆があることで食べる楽しみも倍増します。

口にするとそのジューシーさと濃厚さが際立ち、柔らかな質感のお肉がじゅわっと口のなかに広がります!和牛もも肉を使用しているということで「脂が甘い!」というのが最初の感想でした。きめ細かな霜降りとモモ肉の桜色が見た目にもきれいであり、お肉のうまみが凝縮しているようです。

そのままいただいてももちろん美味しいのですが、備え付けのオリジナルソースをかけるとまた違った味が楽しめます。肉好きやグルメな家族はわさび醤油をローストビーフに少しつけて赤ワインと一緒に食べていましたが、自分でオリジナルな食べ方を発掘できる楽しみもありました。

青森県産焼きホタテ(青森)

ホタテの基礎知識・金のおせち「焼きほたて」

青森県産焼きホタテは、肉厚で濃い目の味付けが病みつきになるお料理でした。秘伝の醤油ダレを使用しており、醤油のしょっぱさとほのかな甘さ、そして海の香りが口から鼻に抜けて旬のホタテが感じられます。ふっくら焼き上げられたホタテは「いくつでも食べたい!」と思うほどあり、「単品で購入したい」など意見が上がりました。

ホタテ貝は貝柱を船の帆に見立て順風満帆の縁起が担がれた食材ですが、このように肉厚で美味しい焼きホタテをいただくと1年が順調に進むような、そんな前向きな気持ちにさせてくれます。

”金のおせち”という玉手箱

オージーフーズ金のおせちを実食し、こだわり抜かれた料理の数々に家族一同大満足でした。これまで食べたことのない味付けや贅沢な食材をいただき、口の中で広がるうま味あと引く味に思わず驚きと感動を覚えました。

一口食べるたびに異なる味わいが愉しめるのは何とも贅沢であり、その味の深さに商品を丁寧につくり上げる職人や老舗企業の努力をも感じられます

リピート率の高い金のおせち。2023年の新春もまた厳選された商品が詰め込まれる金のおせちを家族で囲み、団らんのなかいただきたいと思います!

The following two tabs change content below.
㈱オージーフーズ おせち事業部

㈱オージーフーズ おせち事業部

大好物は大粒の黒豆! 食育アドバイザーという資格を活かし、子どもたちに日本の食文化を広く伝えていきたいと思うワーキングママです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

とっておきや

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。