お問合せ

「冷蔵おせちVS冷凍おせち」!実際どっちがオススメ?

みなさん、こんにちは!おせちスタッフの後藤です。

今回は、冷蔵おせちと冷凍おせち、どっちがいいの??というテーマです!

冷蔵おせちVS冷凍おせち!実際どっちがオススメ?

おせちを売っていると、このテーマはよくお客様やメーカーさんにも聞かれるんです。ん~、難しいですよね~!

おせちの企画に関わって早5年・・・。まだまだ経験は浅い私ですが、記事を書く前に言っちゃいます。

ぶっちゃけ私は、「冷蔵おせち派」です!!

しかしながら、もちろん冷凍おせちのいいところもあるんです。

今回は、それぞれのおせちのメリット・デメリットをオープンにしちゃいます。今年のおせち購入のポイントとして、ぜひチェックしてみてくださいね。

「冷蔵おせち」と「冷凍おせち」の違い

冷蔵おせちオージーフーズ盛り付けイメージ3

主に通販や百貨店で購入するおせち料理は、大きくわけて2つあります。

  • 冷蔵おせち…冷蔵でセットアップして冷蔵便で宅配。「生おせち」と呼ばれるものもあります
  • 冷凍おせち…作ったものを冷凍して冷凍便で宅配

「冷蔵おせち」は日持ちがしないから「冷凍おせち」がいい、という人もいれば、

「冷凍おせち」は解凍したら水っぽくなるから「冷蔵おせち」がいい、という人もいるでしょう。

それぞれの言い分はごもっとも!

人それぞれに考え方が違うのも理解できますよね。

では、「冷蔵おせち」と「冷凍おせち」の選び方のポイントをチェックしていきましょう。

「冷蔵おせち」と「冷凍おせち」、どっちを選ぶ?

まず簡単に結論から言っちゃいます。

  • 味や品質にこだわりがある人…「冷蔵おせち」
  • 賞味期限にこだわりがある人…「冷凍おせち」

を選ぶとよいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説いたします!

冷蔵おせちのメリットとデメリット

冷蔵おせちオージーフーズ盛り付けイメージ4

冷蔵おせちのメリット

  • 風味が良く、出来立てのような状態で食べられる
  • 届いたらすぐに食べる事が出来る
  • 冷凍に向かない食材もラインナップされ、バラエティー豊かな食材が並ぶ
  • 冷凍による色落ちが少ないので、色鮮やか

最近は冷凍の技術も発達していますが、やはりまだ冷蔵で食べられるものにはかないません。

また届いたものをすぐに食べることができるので、手間がかからない点も評判がいいです。

冷蔵おせちのデメリット

  • 賞味期限が短い
  • 個包装の場合は開けて盛り付けする必要がある
  • 保存のために味付けが濃くなりがち
  • 締め切りが早い。事前に予約を入れておかないと買えないことも多い

作る側からすると短期間で作らないといけないため、大量生産ができず限定の数になります。

冷蔵のお節は非常に美味しいものですが賞味期限が短い分、それなりに手間のかかる商品になっています。

▼ちなみに、弊社「金のおせち」は”冷蔵おせち”になります。詳しくは、弊社のHPをご覧ください♩

http://www.osechiya.aussie-fan.co.jp/

冷凍おせちのメリットとデメリット

冷凍おせちオージーフーズイメージ1

冷凍おせちのメリット

  • 賞味期限が長い
  • 薄味での味付けができる
  • 盛り付けをしなくてよい
  • 都合のよい日に受け取ることができる

慌ただしい年末年始に自分で盛り付けることなくそのまま食卓へ並べることができるのは助かりますね。また、お正月は家族や親せきなど、沢山の人が集まります。

それぞれに到着する時間は変わりますし、全員が集まって食べられる丁度良いタイミングに準備することで、スムーズに食事ができますね。

冷凍おせちのデメリット

  • 冷蔵おせちに比べると水っぽくなったり、風味・食感が落ちる場合がある
  • 届いてからすぐに食べることができない
  • 解凍する時間を計算して準備しておかないといけない
  • すべての食材が冷凍されるので、色合いが悪くなることがある

やはり、冷凍おせちの1番のデメリットは食味の部分が大きいですね。本来食材がもっているうま味や栄養、食感、風味が落ちるという意見も多いです。

しかしながら、現在では冷凍技術も進歩してきていますので、そこまで劇的に味が落ちる、ということはないでしょう。

また、解凍時間もかかるので、”解凍するの忘れていた”というときは大変!!食べる時間を逆算して、忘れないようにすることが大事ですね。

「冷蔵おせち」「冷凍おせち」を購入する際の注意点

冷蔵おせちオージーフーズ盛り付けイメージ2

通販や百貨店などで購入するおせちは、スーパーで実際手に取って購入するものと違い、大きさがイマイチわかりませんよね。

年末届いてみて、ビックリ!「こんなに大きな箱、冷蔵庫に入らないわよ!」という経験をしたことがある方もいらっしゃるのでは?

ただでさえ年末年始は、冷蔵庫の中がいっぱいで入らないのに、大きなおせちが届いてしまうと保管場所に悩みますよね。

おせちを購入する際は、保管場所保管サイズを事前に確認してから購入することをオススメします!

おせち選びのポイントをまとめました。

①冷蔵おせちと冷凍おせちのメリットとデメリットを考えて購入しましょう。

②信頼と実績のあるお店から購入するようにしましょう。

③どこで作っているか、どこの産地のものを使っているかオープンになっていると安心。

④おせちを購入する際、サイズに気を付けましょう。

弊社こだわり「金のおせち」の3つの魅力をご紹介♩

冷蔵おせちオージーフーズ個包装イメージ1

弊社のおせちには、こだわりがたっぷり詰まっています!その中でも、”3のこだわり”を簡単にご紹介させていただきます。

1. 全国にある取引企業様300社の中から、おせちの食材として、素材から、製造方法、調理方法、工場の衛生管理など様々な視点から厳選された品、17点であること。脇役はひとつもなく、”すべて主役級”であること。

2. 個包装、冷蔵流通。

3. 専属のおせちチームが365日かけて、企画にあたっている。

▼詳しくは、弊社HPをご覧ください♩

http://www.osechiya.aussie-fan.co.jp/

「おせちの達人『おせちや』」のおせちへのこだわりを、店主の高橋徹がの熱い想いを込めてご紹介いたします。大きく3つのこだわりがあります。「すべてが主役級であること」「個包装・冷蔵流通であること」「専属のチームが365日かけて、企画にあたっていること」

あなたに合ったおせちを選んで素敵なお正月を♩

冷蔵おせちオージーフーズ盛り付けイメージ1

いかがでしたか?

おせち料理は種類も多く作るのも大変ですし、近所のスーパーで必要な材料を購入してきて自分で作るとなると結構な手間ですよね。

しかも年末年始はいろいろと忙しい時期なので、おせちを作る時間や手間が省略できればおせち料理の値段もあながち高くないかもしれません。

冷蔵おせち、冷凍おせちの違いもありますが一番大きいのはおせちにかかる“時間を購入する”という点にあるのかもしれませんね。

どちらのタイプにも、メリット・デメリットが存在します。

それをよく理解したうえで、自分の好みや状況を考えて納得のいくおせち選びをすることがポイントですね!

あまりどちらのデメリットにも神経質になりすぎず、食べ方の注意をよく読んでおせち料理を楽しんでみてください。美味しいおせちで楽しく新年を迎えることができることを願っています♩

読んでいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
後藤

後藤

2010年入社。管理栄養士と惣菜管理士1級の資格を持っています。2018年春に育休から復帰しました。育休前からずっとオージーフーズのおせちに携わっています。全国各地のおせち食材のメーカー様には長年お世話になっており、感謝感謝です!これからもよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。