お問合せ

縁担ぎにもってこい!おせち料理の「お煮しめ」の意味や由来は?

こんにちは。株式会社オージーフーズが運営する「おせちや」の松見です。今回はお正月のおせち料理に欠かせない、お煮しめについて書きたいと思います。

縁担ぎにもってこい!お正月おせちでお煮しめを食べる意味は?

皆さまのおうちのおせち料理に「お煮しめ」は入っていますか?

お煮しめの具材には、たくさん縁起の良い意味が込められているんですよ!ぜひ、この機会に学んでみてくださいね♩

おせちでお煮しめを食べる意味

縁担ぎにもってこい!お正月おせちでお煮しめを食べる意味は?_お重箱盛りイメージ

おせちと言えば色とりどりの具材が入ったお煮しめがあると嬉しいですよね。ほっこりとした安心するような野菜の味が箸休めにちょうどいいですね。

ではなぜ、お煮しめをおせちで食べられるようになったのでしょうか?

その意味はとてもシンプルです。お煮しめは山や海の幸、旬の食材を獲れた食材を集めて一つのなべで煮ることから、一族が仲良く、末永く繁栄するようにという願いが込められているそうです。

おせちの品目それぞれにお祝に欠かせない意味があるように、お煮しめにもそんな意味がありました。

お煮しめの具材に込められた意味

お煮しめの中に入れる具材にも実は1つ1つの具材にもおめでたい意味があります。一つ一つ見ていきましょう!

れんこん、ふき

丸い穴が開いていることから、先を見通せるように

ちなみに、れんこんを使ったおせち料理は「酢れんこん」もありますね!

みなさんは「酢れんこん」がなぜおせちの定番となったのか、その意味と由来をご存知ですか?れんこんは縁起の良い意味を複数持っていて、祝いの場にとてもふさわしい食材なんですよ!という訳で、今回はれんこんの魅力を一挙ご紹介します!ぜひ読んでみてくださいね~!

里芋

里芋は土の中で小芋をたくさんつける事から、子宝・子孫繁栄

ごぼう

ごぼうの形や色が豊作のときに飛んでくると伝えられている黒い瑞鳥(たんちょう)を連想させる事から「豊作」を願って食べられた。 瑞鳥=めでたいことの起こる前兆とされる鳥。

また、ごぼうといえば「たたきごぼう」としてもおせち料理に欠かせない食材となっていますね!

みなさん、何気なくおせち料理に入っている”たたきごぼう”、どんな意味・由来があるかご存知ですか?実は、たたきごぼうにはさまざまな意味が込められているとても縁起の良い料理なんです!今回は、そんなたたきごぼうの魅力に迫ります。ぜひ、チェックしてみてくださいね~!

椎茸

亀に見立てて「長寿」の象徴。

人参

梅型にくり抜いておめでたい「梅」を表す。

こんにゃく

手綱こんにゃくにすることで手綱を締めるように心を引き締める、戦いに備えるという意味。そのほか、手綱の結び目から縁を結ぶという意味。

くわい

茎の先に目が出ているのが見える事からめでたいという意味。出世祈願

筑前煮?がめ煮?煮しめ?うま煮?お煮しめ?の違い

縁担ぎにもってこい!お正月おせちでお煮しめを食べる意味は?_おいしい煮しめ

”地方や家庭によって入れるものも異なる”というのもお煮しめの魅力ですね。では各地ではどんな違いがあるのでしょうか?

まず呼び方も筑前煮、がめ煮、煮しめ、うま煮、炊き合わせ・・・などいろいろありますね。

「筑前煮」は名前の通り九州発祥の煮物ですが、”鶏”が入っているのが特徴です。はじめに鶏肉や具材を油でいためてからに煮つけるのが筑前煮とされています。

筑前煮と呼んでいるのは地元以外の方で、地元では「がめ煮」と呼んでいるそうです。方言で「がめ繰り込む(いろいろな材料を混ぜる)」と言うのが名前の由来と言われているそうです。

鶏肉を炒ってから煮つけるので「いり鶏」と呼ぶこともあるとか。なかなか奥が深いですね。

また鶏肉を入れる「筑前煮」と違って、「煮しめ」と言うのは、椎茸や昆布の出汁で根菜などを煮たものを言います。

そして字の通り煮汁が無くなるまでじっくり煮る調理法で作ったものを「煮しめ」といいます。

「炊き合わせ」は具材ひとつひとつをそれぞれ炊いた後に合わせる事から、「うま煮」は名前そのまま具材の旨みが煮込むことで合わさることからそう呼ばれるそうです。

お煮しめが祝いのおせち料理なった由来

全国的にもいろいろな名前で呼ばれるお煮しめですが、とても素朴な料理と思われますが、昔はたくさんの”具材を集めて煮る”という料理はとても贅沢な一品だったという由来があります。

味付けに使われる砂糖や醤油もとても貴重なものだったことから、お祝いの席には欠かせない料理となり、おせち料理にも取り入れられるようになりました。

他のおせち料理と同じように、お重に詰めることを考えて、”具材の形を崩さないように丁寧に煮る”ことも重要になります。

おせちの煮物を作っていただいている製造メーカーの方に話を伺ったところ、それぞれの具材にあった時間別の鍋で炊き上げているそうです。味の染み方も”煮ては冷まし、煮ては冷ましを繰り返し丁寧に鍋の煮汁が少し残るよう煮詰める”ことで食材にしっかりと味がしみ込み、三が日美味しく食べられるお煮しめになります。

ご家庭でも簡単に美味しいお煮しめの作り方

縁担ぎにもってこい!お正月おせちでお煮しめを食べる意味は?_お重箱4段盛りイメージ

それでは、ここで美味しく簡単に作れる「お煮しめの作り方」をご紹介します!

材料

  • ごぼう
  • れんこんさといも
  • 人参
  • 干し椎茸
  • こんにゃく

調味料

  • しいたけの戻し汁
  • みりん
  • しょうゆ
  • 砂糖

(それぞれ適量)

下ごしらえ

  • 干し椎茸は水に浸して、戻して4つ切りに。戻し汁は取っておいてください。
  • ごぼうは皮を剥いて乱切りに、れんこんは輪切りにしてそれぞれ酢水にさらします。
  • さといもは皮を剥きます。
  • 人参は花型で梅の形にくり抜いておきます。
  • こんにゃくは薄く切りにして中に切り目を入れて手綱形にし下茹でしておきます。

手順

①具材を鍋に入れ干し椎茸の煮汁を加えてひたひたになるまで水を加えます。

②調味料を加えて、弱火でじっくり煮含めます。途中で灰汁が出てきたら丁寧に取りましょう。

③30分程煮て、具材が柔らかくなったら鍋をゆすって味をなじませます。

④一度冷まして、さらに火を入れて味を含めます。

⑤お重やお皿に盛り付けて出来上がり。

今回は干し椎茸の出汁を使いました。煮物昆布などでも出汁が出ます。市販のだしのもとや白だしなどを使っても簡単に、美味しくお煮しめができますよ♩

まとめ

縁担ぎにもってこい!お正月おせちでお煮しめを食べる意味は?_お重箱4段盛りイメージ②

おせちにお煮しめが欠かせないの理由をご理解いただけたでしょうか?

山や海の幸、旬の食材を獲れた食材を集めて一つのなべで煮ることから、一族が仲良く、末永く繁栄するようにという願いが込められているから。

たくさんの具材の味をひとつひとつ噛みしめて、今年のおせちはお煮しめを味わいましょう!

おせち購入ページリンク

The following two tabs change content below.
松見

松見

2006年入社。惣菜管理士2級です。長年、自社通販「とっておきや・プレミアム」を担当し、現在は通販事業部でおせち担当として活動中!好きな食べものはいくらごはんです。おせちやのいくらをたっぷり使ったいくらごはんを思う存分食べるのが夢です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。